薬剤師が土日休みの薬局に転職する方法

転職を考えている女性薬剤師の画像

薬剤師は女性が多い職なので土日休みの希望が非常に多いです。特に子供が小さいと土曜日の休み希望を出したくなりますよね。

 

でも、世の中の薬局は土曜日に開局している所がほとんどで、今では年中無休の薬局も増えてきました。

 

そこで薬局の内情を知り尽くした筆者が、土日休み求人転職方法について書いていきます。

 

なかなかの難関なので戦略的に転職活動をしましょうね!

土日休みの薬局求人について

最初に薬剤師の土日休みの求人についての概要をお話ししておきます。

 

いろいろな考え方があるんですが、端的に言えば総合病院の門前薬局に土日休みの薬局が多いと考えるのが普通ですよね。現在でも土曜日に外来を受け付けていない病院は多々ありますのでその門前薬局での仕事が土日休み薬剤師への近道になると思います。

※その他のパターンも下に記載しています!

 

では、門前薬局をいつくかに分類してみます(100%ではないのでご了承ください)。

 

1.大手薬局チェーン

 病院門前を中心としたチェーン店はたくさんあります。しかし、100%門前薬局ということはないですし、門前薬局でも土曜日に営業している店舗は多々ありますので、正社員で入社する場合には土日休みの確約は取れません。

 

2.中規模薬局チェーン

 中規模の薬局でも総合病院の門前を中心とした展開をおこなっている会社はあります。薬剤師の採用に苦しんでいる会社がほとんどですので、ごく稀に「正社員でも土日休み」というプラチナ求人が出てきます。

 

3.個人薬局

 たまに見かける程度ですが、門前薬局を経営している個人薬局も見かけます。ただ、求人は非常に少ないというのが現状です。さらには、近年の流れでは大手チェーンに買収されている個人薬局が多くなっていることは知っておいた方がいいかもしれませんね。

 

以上、3パターンで総合病院の門前薬局の求人状況について説明しました。

次に求人の特徴を見てみましょう。

土日休みの年収は?

薬局の求人の中で非常に人気の高い土日休みですが、残念ながら年収は反比例して通常よりも大きくダウンしてしまいます。

理由はシンプルで、難しいと言われている薬局の薬剤師採用ですが、「土日休みの求人はすぐに薬剤師が見つかる」からです。当然、正社員の土日休み求人となれば直ぐに決まってしまいます。

 

なので、年収を無理矢理高くしなくても採用可能な土日休みの求人は「適正年収」となっているわけです。

では、薬局で土日休みで働く際の年収(南関東)を大まかにお伝えします。

 

1.正社員の場合

 その会社の給与規程に則ります。他の社員が土日に出勤していても、雇用契約で土日休みをゲットしたら本当にお宝転職ですね!

 

2.契約(嘱託)社員の場合

 土日休みでフルタイム働きたいとなった際に、最も多いパターンは契約(嘱託)社員となります。この場合の相場年収は経験3年以内だと、300万円前半から400万円前半です。思った以上に年収は「低い」と感じるはずです。

キャリアが長くても500万円前後になる可能性が高いでしょう。

 

3.パートの場合

 ほとんどが時給2000円からのスタートです。週40時間働くのならば2100円くらいの時給提示があるかもしれませんが、あまり期待しない方がいいと思います。

 

上記は年収で記載しましたが、ボーナスが支給される場合とそうでない場合がありますのでご注意を!

 

例えば、「夏期・冬期賞与をそれぞれ1か月給与分支給」となっている場合は、月額の給与は”年収÷14”で計算されますし、ボーナスが無い場合の月額の給与は”年収÷12”となります。

土日休みの求人で気を付けること

通常、転職の時に気にかけている項目というのは年間休日、勤務シフト、配属店舗など色々とありますが、「土日休みゲットー!」ということで、その他で注意すべき事が頭の中から飛んでしまわないようにしてくださいね。

 

例えば、

 

配属店舗は?

勤務の時間帯は?

年収を年間労働時間で割ったら時給換算でいくらになる?

 

などなど、ほかに注意しなければいけないことがたくさんあります。

 

通勤に1時間以上もかかってしまう配属になるのであれば考えようですし、時給換算したら「2000円いかなかった!」なんてこともありますので、その他の条件もしっかりと吟味しなければいけません。

<スポンサーリンク>

その他の土日休みの転職

土日休みは総合病院の門前薬局だけか?といったらそうではありません!

皆さんがお住いの近所にも「土日休みOK」という求人が隠れているかもしれません。

 

どのような求人があるかというと、事業拡大中の大手薬局(ドラッグストアの調剤専任職含)の契約社員です。

 

実はこの求人、常に出ているということではなく、新規出店のたびに薬剤師の配置転換が行われている中で「どうしても薬剤師が必要だ!」となった時に、会社が緊急に募集する場合が多いんです。

 

大手企業求人の場合が多いで、待遇交渉次第では「店舗異動なし」「時間固定」などの条件をプラスすることも可能になります!

 

なので「家の近くに求人がないなー」と諦めていた方にもチャンスはあるわけです。

土日休みの薬局へ転職する方法

土日休みの求人は非常に人気がありますので、”タイミング”がとても大事になります。

 

「薬局が求人を出したらすぐに応募する。」

 

これが鉄則です。優良求人の場合には特にですね!

 

ではなぜ、こういった求人を薬剤師の皆さんが目にしたことがないのか?といえば、”薬局が求人を出さない”からです。

「んん?」と思ったかと思いますが、私の経験上間違いありません。

 

何しろ、こういった優良求人は人材紹介会社の営業担当者に電話すればすぐに紹介してくれるので、「すぐに薬剤師を補充したい」という現場ニーズに応えるためには、この方法が最適だから仕方がありません。

 

なので、「土日休みの薬局に転職をしたい」と思ったら、

 

「人材紹介会社に登録をして、土日休みの優良求人が出るまで待つ」しかないんです。

運が良ければ登録した段階でお宝求人があるかもしれませんし、運が悪ければ「このエリアでは土日休みの求人はほとんど出ませんよ。」と言われてしまうかもしれません。

 

万が一、求人が無いと言われても「求人があるのか無いのか分かっただけでも収穫だ」ということで、勘弁してください・・・。

土日休みの求人をたくさん抱えている人材紹介会社

薬剤師の人材紹介会社は現在、およそ80社。

その中でも今現在、土日休みの求人をたくさん掲載しているサイトを紹介します。

 

ダントツの求人数1位は、17534件の土日休み求人が掲載されているファルマスタッフ です。全国での求人数なので通勤エリア外の求人しかないかもしれませんが、その際は登録して求人が出るまで待ってください。

 

2つ目はマイナビ薬剤師です。土日休み求人が4620件掲載されています。

 

最後に・・・

 

人材紹介会社の登録は3社程度をお薦めしてますので、「土日休みの求人があればラッキー」という感覚でジョブデポ薬剤師 を強く強くおすすめ!

なぜなら・・・今、期間限定で転職お祝金60万円がもらえるんです!今現在の全転職サイトの中でお祝金最高額!(40万円に戻っていたらスミマセン)

求人数も多いし、実績のある会社なので3社目にしない手はありません。

 

※もしこの3社以外を希望される方は、薬剤師転職サイト100選(自信作! 笑)でいろいろな転職サイトを研究してみてください!

<スポンサーリンク>

<スポンサーリンク>