セルフメディケーション税制について知っておこう

平成29年1月1日から始まる”セルフメディケーション税制”ですが、皆さんご存知ですか?

 

医療費控除と並んで個人に対しての減税措置となりますが、医療費控除よりも適応のハードルが低いため、活用する方が増えるのではないかと想定しています。

 

OTC(一般用)医薬品をよく購入する方にとっては欠かせない所得控除になりますので、購入する方も販売する方もまずは基本的なことを知っておきましょう。

<スポンサーリンク>

セルフメディケーション税制とは?

厚生労働省のホームページからそのまま言葉を引用すると、

 

セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)は、健康の維持増進及び疾病の予防への取組として一定の取組を行う個人が、平成29年1月1日以降に、スイッチOTC医薬品(要指導医薬品及び一般用医薬品のうち、医療用から転用された医薬品)を購入した際に、その購入費用について所得控除を受けることができるものです。

 

ということになります。

 

医療費控除と何が違うのかというと、

 

  セルフメディケーション税制 医療費控除
対象となる医薬品 医療用から転用された一般用医薬品(成分や商品名が指定されている)  治療又は療養に必要な医薬品(ビタミン剤など、病気の予防や健康増進のために用いられる医薬品は含まない)※処方せん薬含む
控除対象となる金額 対象となる医薬品購入額が年間12,000円を超えた場合、その超えた金額が対象 医療費等の実質負担額が年間100,000円を超えた場合、その金額が対象
上限となる金額 控除できる金額の上限は88,000円 控除できる金額の上限は2,000,000円

 

上表のように、医療費控除とは控除対象、控除対象の金額、控除の上限金額に違いがあります。

 

しかし、セルフメディケーション税制と医療費控除は「どちらか一つ」しか適用を受けることができませんので、確定申告を行う際には、制度をしっかりと理解したうえで申請しましょう。

セルフメディケーション税制の概要

1.目的 適切な健康管理の下で医療用医薬品からの代替を進める

 

2.対象者 健康の維持増進及び疾病の予防への取組として一定の取組を行う個人

※一定の取組=特定健康診査、予防接種、定期健康診断、健康診査、がん検診

 

3.期間 平成29年1月1日~平成33年12月31日

 

4.控除の内容 自分又は自分と生計を共にする家族・親族が一般用医薬品の購入した場合、合計額が年12,000円を超える時は、その超える部分について、その年の総所得金額から控除する(控除額上限88,000円)

 

5.対象となる医薬品 要指導医薬品及び一般用医薬品のうち、医療用から転用された医薬品(2016/8/17現在、1517品目)

 

6.注意事項 セルフメディケーション税制の適用を受ける場合には医薬品控除の適用を受けられない

減税イメージ

セルフメディケーション減税を利用するときの減税を説明した図
出典:セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)について(厚生労働省)

セルフメディケーション税制の有効な使い方

医療費控除かセルフメディケーション税制か・・・

 

大雑把に言うと、

 

○家族親族合計で年間医療費が100,000円越えていない方で、市販薬(対象医薬品)を年間12,000円以上購入する場合はセルフメディケーション税制を適用

 

○(年間医療費ー100,000)<(対象医薬品総額ー12,000)の場合はセルフメディケーション税制を適用

 

○年間医療費が188,000円を超える場合は、医療費控除を適用

 

という具合です。

 

対象となる医薬品を貼っておきますので、興味のある方はダウンロードしてください。 

※2か月毎に品目の見直しが入る予定です。

ダウンロード
セルフメディケーション税制対象医薬品 一覧.pdf
PDFファイル 660.5 KB
ダウンロード
セルフメディケーション税制対象医薬品 成分名ごと品目数.pdf
PDFファイル 60.9 KB

確定申告の際に必要な証明書について

セルフメディケーション税制で必要となる「領収書(レシート)」ですが、平成28年10月4日に厚生労働省より連絡が発信されていますので、確認しましょう。

薬局やドラッグストアの大手企業であれば、ほとんどの場合がPOSレジですから、販売側も購入側も心配はいらないでしょう。

しかし、個人の薬局・薬店の場合は、常に手書きの領収書が必要…ということになりそうです。

 

非常に多くの種類の対象医薬品がありますので、販売・購入ともに気を付けた方がよさそうです。

 

参考までに、対象医薬品に記載されるマークをブログトップの見出し画像にしました。このマークがついていれば対象医薬品ですので覚えておいてくださいね。(あくまでも平成29年1月1日からです。)

<スポンサーリンク>

<スポンサーリンク>