2017年花粉の飛散量予測【第2弾】

スギ花粉の画像

先日の記事”2017年花粉の飛散量予測【第1弾】”に引き続いて、第2弾の2017年花粉飛散予測です。

 

10月4日にウェザーニュース社より予測が発表されましたが、分かりやすく都道府県別の予測をまとめます。

 

これからスギ雄花の目視による成長確認が行われるということですが、ほぼほぼ今回の予測から変わることはないのではないかと思っています。

 

特に西日本の方々には、辛い春となりそうです(;_:)

<スポンサーリンク>

都道府県別 2017年スギ花粉飛散予測

都道府県名 平年比 昨年比
北海道 1.2倍  1.5倍
青森県 1.2倍 1.7倍
岩手県 1.2倍 3.2倍
秋田県 1.2倍 1.2倍
宮城県 0.9倍 3.4倍
山形県 1.2倍 2.9倍
福島県 1.0倍 2.6倍
茨城県 0.7倍 1.4倍
栃木県 0.8倍 2.5倍
群馬県 0.8倍 1.6倍
埼玉県 0.7倍 2.9倍
千葉県 0.6倍 1.3倍
東京都 0.5倍 1.9倍
神奈川県 0.5倍 1.4倍
新潟県 1.1倍 3.7倍
富山県 1.1倍 5.4倍

※北海道はシラカバの飛散量

都道府県名 平年比 昨年比
石川県 1.2倍  3.0倍
福井県 1.4倍 3.2倍
長野県 0.9倍 3.1倍
山梨県 0.8倍 5.0倍
静岡県 1.1倍 6.9倍
愛知県 1.2倍 2.0倍
岐阜県 1.2倍 3.9倍
三重県 1.2倍 5.6倍
滋賀県 1.4倍 8.5倍
京都府 1.4倍 8.8倍
大阪府 1.2倍 4.9倍
兵庫県 1.4倍 4.7倍
奈良県 1.1倍 10.4倍
和歌山県 1.3倍 6.1倍
鳥取県 1.4倍 5.5倍
都道府県名 平年比 昨年比
島根県 1.3倍  6.3倍
岡山県 1.3倍 3.2倍
広島県 1.4倍 2.1倍
山口県 1.4倍 4.7倍
徳島県 1.4倍 4.4倍
香川県  1.3倍 5.8倍
愛媛県  1.3倍 4.0倍
高知県  1.4倍 5.9倍
福岡県 1.4倍 3.2倍
佐賀県  1.4倍 3.6倍
長崎県  1.4倍 6.8倍
大分県 1.1倍 9.9倍
熊本県  1.4倍 5.5倍
 宮崎県 1.4倍 4.8倍
鹿児島県  1.1倍 6.4倍

ウェザーニューズ社 第1回花粉飛散傾向【2016.10.4発表】より引用


2017年の花粉飛散量は多いのか??

 

の質問に対して、まず知っておくべきことは、昨年(2016年)春のスギ花粉飛散量が平年に比べて非常に少なかったということです。

 

2017年の花粉飛散予測はこれから「昨年に比べて」という言葉が良くが出てくると思いますが、あくまでも平年比で考えた方がイメージはつかみやすいと思います。

 

平年比で考えると特に南関東では”花粉飛散量は平年並みか少ない”、西日本では”平年よりやや多いか多い”という予測になります。

 

ほぼ想定どおりですね。

 

特に京阪神では4年ぶりの大量飛散の可能性もありますので、花粉症対策は欠かせないですね。

今後の花粉飛散量に影響を与える因子

夏季のスギ雄花育成期を終えたため、今後の日照時間や気温の変化で春の飛散量が変わることはありません。

 

また、台風によって雄花が落ちてしまう、ということも過去の経験則からは少ないようです。

 

あとは、目視によるスギ雄花の状況を見て次の予測発表となります。

花粉が大量飛散する年の予防対策と薬

花粉症は花粉飛散量によって症状が重くなったり軽くなったりする方が多いようです。

 

私の妻と子供(中学3年)も花粉症を患っていますが、去年は薬を飲まずに乗り切りました。

 

さて、花粉症は治すということはできませんので、予防をしっかりと行うことによってシーズンピークの症状が軽く感じられるという対策をしっかりと行いましょう。

 

ご紹介する対策は、私(一応薬剤師です…)の周りで最も予防効果があったと思われるものを一つだけ選びました。

 

妻、子供、義母、元同僚、元同僚の母が試して、実感したと言っている方法です。

予防にカスピ海ヨーグルト

恐らくカスピ海ヨーグルトが「花粉症に良いらしい」という話をどこかで聞いたことがあると思います。

 

その他にも甜茶や乳酸菌などなど、色々な花粉症対策がありますね。

 

そんな中私の仕事柄、色んなものを妻に与えて(笑)花粉症予防に良いものを発見したのが”カスピ海ヨーグルト”です。

 

 

妻も息子もカスピ海ヨーグルトをシーズン前に食べていると、花粉飛散量が少ないシーズンは薬いらず。花粉飛散量が多いシーズンでもピークの時に飲むだけ、という効き方をしています。

 

当然、個人差はあるものですが妻が言うには「実感できるのはスゴイ」という評価。

 

本気で悩んでいる方がいましたら、是非お試しください。

 

ちなみに、我が家はコストコでカスピ海ヨーグルト×4個を毎週購入する感じでしたが、やっぱり面倒・食べづらい・金額が高いとう問題がありましたので、カプセルタイプの商品を下に紹介しておきます。 

 

 

肝心な使用法ですが、

 

遅くとも花粉が舞い始める1か月ほど前から飲み始めるのがベストです。

 

12月になったら飲み始めるって感じですかね。

辛い症状には薬を

医者から貰う薬と、市販薬とどちらを使用すればいいのか悩んでいる方も多いのではと思います。

 

もし、症状の原因がスギなのかヒノキなのか、花粉であることが分かっているのであればどちらでも構いません。

 

私の家族のように「もう花粉のピークにしか飲まない」というようであれば、市販薬の方が全然安くあがりますし、以前と比較すると市販薬も効く薬が増えましたので市販薬を選択するのもアリかと思います。

 

試してみて「全然効かない!」となれば、病院に行って自分にあう薬を出してもらってください。

<スポンサーリンク>

<スポンサーリンク>