門前薬局に未来はあるのか?

総合病院の画像

平成28年の調剤報酬改定で門前薬局の締め付けがかなり厳しくなりました。

 

この件については厚生労働省から平成27年10月23日に発信された「患者のための薬局ビジョン」にて趣旨説明も交えて、大枠の開示がされていたものです。

 

ということで今回も「患者のための薬局ビジョン」ネタです!

 

現在、門前薬局に勤務する薬剤師にとっては当然死活問題ですので、門前薬局の未来について推考したいと思います。

<スポンサーリンク>

「患者のための薬局ビジョン」における門前薬局の位置づけ

「患者のための薬局ビジョン」とは平成27年10月23日付で発信された、

 

厚生労働省として初めて、かかりつけ薬剤師・薬局の機能や、2035 年までの長期の姿を見据えた薬局の再編の姿

 

について取りまとめた薬局の指南書とも言える文書です。

 

副題として

 

~「門前」から「かかりつけ」、そして「地域」へ~

 

と記載されているように、ビジョンは”脱門前薬局”に向いていると言えます。

 

現に、かかりつけ薬局の制度はスタートし、門前薬局への対応も調剤報酬制度としてベクトルは明らかになってきました。

 

では、中長期の視点で見た場合、門前薬局がどのようになっていくのかを推考したいと思います。

そもそも薬局ビジョンにおける門前薬局に対する考え方とは?

以下、引用は全て「患者のための薬局ビジョン(厚生労働省平成27年10月23日)」からであり、枠囲いの上、斜字で記載します。

 

まず、薬局ビジョンの趣旨について抜粋します。

 

第1 はじめに

3 薬局ビジョン作成の趣旨

P5

患者本位の医薬分業の実現に向けて、かかりつけ薬剤師・薬局の今後の姿を明らかにするとともに、団塊の世代が後期高齢者(75 歳以上)になる 2025 年、更に 10 年後の 2035 年に向けて、中長期的視野に立って、現在の薬局をかかりつけ薬局に再編する道筋を提示するものである。

 

「患者のための」としているのは、本ビジョンが「患者・住民にとって真に必要な薬局の機能を明らかにする」ものであるとともに、医薬分業が本来目指す、患者・住民が医薬品、薬物療法等に関して安心して相談でき、患者ごとに最適な薬物療法を受けられるような薬局のあり方を目指すことを指している。

 

このような薬局の在り方に対する趣旨があります。

 

そして、以下が門前薬局に対する基本的な考え方です。

 

第1 はじめに

3 薬局ビジョン作成の趣旨

P5

○ 患者本位の医薬分業を実現するという本ビジョンの趣旨・目的に即し、ビジョン全体を貫く基本的な考え方は、以下の通りである。

 ① ~立地から機能へ~

 ・ いわゆる門前薬局など立地に依存し、便利さだけで患者に選択される存在から脱却し、薬剤師としての専門性や、24 時間対応・在宅対応等の様々な患者・住民のニーズに対応できる機能を発揮することを通じて患者に選択してもらえるようにする。

 

 国として、「門前薬局という立地に依存しただけの存在から脱却する」

 

ここで明言しています。

薬局業界の再編はどうなる?

まず、薬局ビジョンにおける、門前薬局の現状認識がどのようになっているのか見てみます。

 

第2 かかりつけ薬剤師・薬局の今後の姿

2 薬局再編の全体像

(1)現在の薬局の概況

P20

〇 門前薬局にも、診療所に対して1つ存在するマンツーマン薬局や、大病院の前で複数の店舗が林立しているものなど、色々なパターンがある。がんや HIV などの専門医療機関に対応し、高度な薬学管理機能を果たしている薬局も存在するが、その一方で、服薬情報の一元的・継続的な把握とそれに基づく薬学的管理・指導という医薬分業のメリットが十分に感じられない薬局も多いという国民からの指摘もある。

 

〇 また、患者・住民からの相談を受けて、役所等の相談窓口、保健所、福祉事務所、地域包括支援センター等への連絡・紹介を行っている薬局も少ない現状にある

 

一つ目に診療所と病院の門前薬局を別々に捉えているということが分かります。

 

二つ目に地域包括ケアシステム内の薬局として機能していないことを言及しています。

 

では、どのような薬局像を描いているのかというと、

 

(2)2025 年までに目指す姿

P21

〇 薬局においても、地域における既存の役割等も生かし、薬物療法に関して、こうした地域包括ケアシステムの一翼を担うことが重要であり、2025年までに、すべての薬局がかかりつけ薬局としての機能を持つことを目指す。

 

 実は、ここで”門前薬局はダメだ”と言っていません。

 

あくまでも目指すのは”機能”であって、地域包括ケアシステムの一翼を担うことにあります。

 

では、門前薬局はどうなるのか?

 

(4)薬局間の連携・再編

P23

○ また、いわゆる門前薬局であっても、規模の大小にかかわらず、1(4)の「かかりつけ薬剤師・薬局としての機能」を備えた上で、医療機関との連携強化や薬剤師への専門的な研修機会の提供等を行い、1(5)②の高度薬学管理機能を強化すること等により、患者のニーズに真に応えられる薬局として活躍することも考えられる

 

このように、国は門前薬局の立地に依存しただけの存在を否定しているだけであり、上述した機能を備えることによって「患者ニーズに応えられうる」と考えています。

門前薬局が生き残るためには

門前薬局が立地に依存しただけの存在から脱却するためには、以下のことが求められています。

 

第2 かかりつけ薬剤師・薬局の今後の姿

2 薬局再編の全体像

(4)薬局間の連携・再編

P24

○ 各薬局が本ビジョンで示したかかりつけ機能を発揮するためには、薬剤師の配置や管理体制の充実、地域との連携体制の強化が求められる。このため、今後の薬局再編の過程において、地域において患者ニーズに真に応えられる薬局として存続するためには、各薬局は、自局でその機能を充実させること、又は、自局のみでかかりつけ機能を果たせない場合には地域で連携して対応していくことにより、かかりつけ薬局の機能を果たしていかなければならない。

 

 つまり、

 

「門前」という立地に依存しただけの薬局はダメですよ。

 

「薬局ビジョン」どおりに、かかりつけ機能を果たせばいいですよ。

 

というのが厚生労働省の薬局再編に対するベクトルであって、現在の門前薬局はかかりつけ機能の拡充により生き残ることが可能だということになります。

門前薬局の未来を推考する。

平成28年度の調剤報酬改定を見る限り、短期的には門前薬局の経営は困難になるのは間違いないでしょう。

 

過去にも報酬改定で門前薬局に対するマイナス改定が多々ありましたが、それらは企業努力により影響を最小限にしてきました。

 

しかし、平成29年4月1日から適用される

 

かかりつけ機能に係る業務を行っていない薬局の評価の見直しにおいて、調剤基本料が100分の50となるのは大打撃です。※薬局グループ全体の処方せん受付回数が月4万回超のグループに属する保険薬局に限る

 

かかりつけ薬局の基本的な機能に係る業務を行っていない保険薬局は調剤基本料を100分の50とする。(処方せんの受付回数が1月に600回以下の保険薬局を除く)

[要件] 

 下記項目の算定回数の合計が1年間(※)に10回未満の保険薬局が対象 (※前年3月~当年2月末までの期間の算定回数)

・調剤料の時間外加算等、夜間・休日等加算

・かかりつけ薬剤師指導料、かかりつけ薬剤師包括管理料

・外来服薬支援料、服薬情報等提供料

・薬剤服用歴管理指導料の麻薬管理指導加算、重複投薬・相互作用等防止加算

・在宅患者訪問薬剤管理指導料、在宅患者緊急訪問薬剤管理指導料、在宅患者緊急時等共同指導料、退院時共同指導料、在宅患者重複投薬・相互作用等防止管理料

・介護予防居宅療養管理指導費、居宅療養管理指導費

 

これからどの門前薬局においても本格的にかかりつけ機能の拡充をおこなうかと思いますが、生き残ることができるのは全てではないと推測します。

 

今後、様々な制度改革、調剤報酬改定など生き残るための外部環境要因は多々ありますが、それ以前の大前提としてお話をさせていただきます。※あくまでも個人の見解ですので…

  

 

今後の生き残りの条件がかかりつけ機能地域包括ケアシステムの一翼を担うことであるならば、

 

それに値する商圏内に薬局が在るか無いかによって門前薬局の今後が大きく左右されるはずです。

 

診療所は住宅地や市街地に開業するため、当然、周辺環境には生活者が存在します。

 

診療所の門前薬局が地域でかかりつけ薬局として、又は地域包括ケアシステムを担う薬局として活躍できるのは考えるにやぶさかではありません。

 

では、病院の場合はどうでしょう?

 

病院という機能・性質上、郊外に建築された建物は山ほどあります。

 

都市部では市街地にある大型病院も散見されますが、それ以上に郊外立地の病院の方が多いのではないでしょうか。

 

 

薬局ビジョンで求められている薬局の姿の中に、「地域包括ケアシステムの一翼を担う」と明記されていますので、

 

 

周辺環境に生活者が存在しない立地の薬局は、まず必要とされません。

 

 

地域包括ケアシステムにおける”地域”とは、「おおむね30分以内に必要なサービスが提供される日常生活圏域(具体的には中学校区)を単位として想定」されていますので、それが基準になろうかと思います。

 

例えば病院から15分離れたところに住宅街が存在したとしても、「既に住宅街の中に地域に根付いた薬局がある」のは間違いありませんし。

 

明るい未来を手に入れるには生半可な努力では厳しいでしょう。

<スポンサーリンク>

<スポンサーリンク>