テクニシャン制度導入の現実味が増してきた。

調剤事務と薬剤師と患者の画像

先日記事にした2025年までに全薬局が24時間対応を求められていますが。に引き続き、厚生労働省が発信(平成27年10月23日)した「患者のための薬局ビジョン」ネタです。

 

これは、過去に例を見ない「国が正式に薬局の今後に触れている初めての文書」ですので、話題があればこれからも連載ネタとして扱っていきたいと思っています。

 

今回は”テクニシャン制度”の導入。もちろん国家資格で。”確信犯”的な文章が書いてあるので、安易に予想できますね。

<スポンサーリンク>

テクニシャン制度とは

ほとんどの方がご存知かと思いますので簡単に説明します。

 

欧米の病院、薬局で導入されている制度ですが、和訳すると「調剤技師」です。

 

薬剤師のサポート役の仕事をするのですが、日本風に業務内容をお伝えすると、

 

調剤事務業務 + 計数計量調剤

 

という感じですかね。

 

薬キャリPlusで詳しく説明されていますので、興味のある方はご確認ください。

「患者のための薬局ビジョン」からテクニシャン制度を推察する。

 まずは、改めて出典です。【患者のための薬局ビジョン~「門前」から「かかりつけ」、そして「地域」へ~平成27年10月23日厚生労働省】

 

国として初めて薬局の在り方について言及した文書です。

 

最初にこちらを見てください。

 

第1 はじめに

薬局ビジョン作成の趣旨

 

P5

○ 患者本位の医薬分業を実現するという本ビジョンの趣旨・目的に即し、ビジョン全体を貫く基本的な考え方は、以下の通りである。

~対物業務から対人業務へ~

 ・ 患者に選択してもらえる薬剤師・薬局となるため、専門性やコミュニケーション能力の向上を通じ、薬剤の調製などの対物中心の業務から、患者・住民との関わりの度合いの高い対人業務へとシフトを図る。

 

テクニシャン制度を導入するうえで、欠かせないのが”薬剤師業務は何か”という問題ですよね。

 

そこで、赤字の部分がそれに当たります。

 

~対物業務から対人業務へ~

 

これが「薬局ビジョン作成の趣旨」の3番目に位置する、重要な項目です。

 

では次に、確信犯的に「テクニシャン制度導入じゃないの?」と思わせる文章を見てください。

 

第2 かかりつけ薬剤師・薬局の今後の姿

1 かかりつけ薬剤師・薬局が持つべき機能

 

P18

(6)かかりつけ薬剤師としての役割の発揮に向けて

○ 上記(4)(5)で示したかかりつけ薬剤師の役割を踏まえれば、薬剤師は、従来の対物業務から対人業務へとシフトを図ることが必要である。これまでは、調剤室での調製等、患者とは直接接しない業務が中心であった。

しかしこれからは、患者が医薬分業のメリットを実感できるよう、処方内容のチェック、多剤・重複投薬や飲み合わせの確認、医師への疑義照会、丁寧な服薬指導、在宅対応も通じた継続的な服薬状況・副作用等のモニタリング、それを踏まえた医師へのフィードバックや処方提案、残薬解消などの対人業務を増やしていく必要がある。

また、在宅医療の現場など薬局外での活動や、地域包括ケアにおける取組も求められる。このため、薬剤師が対人業務においてより専門性を発揮できるよう、業務の効率化を図るなど薬剤師・薬局業務の見直しを併せて行う必要がある。

 

最初の赤字は別の意味で反応しちゃいますが、100歩譲って流してくださいw

 

上記を見てみると、「今まで中心だった調整等の業務をやめて、(その下に書いてある)対人業務を増やす」と言っています。

 

現在の薬事行政目線からいうと、これを可能にし、なおかつ現在導入が検討されているものといえばテクニシャン制度しかないですよね。

 

導入が予測されるタイミングは、

 

第2 かかりつけ薬剤師・薬局の今後の姿

2 薬局再編の全体像

 

P21

(2)2025 年までに目指す姿

○ また、薬剤師についても、第1の1(6)で示したとおり、2025 年までのなるべく早い時期に、従来の対物業務から、処方内容のチェック、多剤・重複投薬や飲み合わせの確認、医師への疑義照会、丁寧な服薬指導、在宅対応も通じた継続的な服薬状況・副作用等のモニタリング、それを踏まえた医師へのフィードバックや処方提案、残薬解消など、患者が医薬分業のメリットを実感できる対人業務へとシフトが進むことが期待される。

 

” 2025年までのなるべく早い時期に”ということで、まずは業務ありきの対人業務シフトとなりそうですね。

 

最後に、補足的なものになりますが、

 

 

第4 ビジョン実現のための主な政策

 

P29

1 制度

〇 薬局におけるタイムスタディ調査を実施し、調剤技術の進展、機械化の状況など、最新の状況に応じた薬剤師業務の実態を把握する。また、薬局の再編の状況や薬剤師業務の対人業務へのシフトの状況を踏まえつつ、薬剤師の将来需給見通しを適時作成する。

 

 対物業務から対人業務へのシフトに関して、政策・制度という視点でも言及しています。

 

単なる業務マニュアルではなく、制度として対人業務へのシフトを考えているのであれば上記と併せて、

 

「テクニシャン制度導入」

 

という予測が立ちやすくなります。 

 

まずは薬剤師の需給見通しの作成から、ということなんですが。

テクニシャン制度の導入論議で思うこと

個人的には大賛成です。

 

これが導入されると、ウォルグリーン(アメリカのドラッグストアであり、国内調剤シェアNO.1)のPharmacistから

 

「日本の薬剤師は低レベルね。」

 

などと言われなくなりますよ(知り合い薬剤師が直接言われた言葉です)。

 

 

 

過去、何回もテクニシャン制度導入のチャンスがあったのにも関わらず、制度化されなかったのには根強い反対意見が多かったからです。

 

  • 薬剤師は飽和するんだから、雇用に苦しむ
  • 業務を減らすんだから、職能(職域)が狭くなる
  • 人件費が減る分、技術料が減るのではないか

 

こんな意見です。

 

なんか、表面論争で薄っぺらい感じがしませんか?

 

薬剤師の職業地位を高めるのに必要なのは、職能・職域よりも職責だと思うんです。

 

なんで薬剤師の職業地位が低いのかって、患者が求めるサービスを提供できていなかったからですよね。この論議の中に顧客(患者)が存在していないこと自体、論点が違うと思うんですが…

 

 

そして今まで薬剤師が患者の求めるサービスが出来なかった原因の一つに、業務負荷という問題があるのは確かです。

 

この業務負荷がなくなり、患者の求める”対人業務”に割く時間が多くなるということは、薬剤師の職責を生活者に理解してもらう大きなチャンスになると思っています。

 

そして、それを認めていただいたときに、必然的に薬剤師の職能・職域は拡大する。

 

順番が逆ですよ。

 

例えば、特定保健指導の中心になぜ薬剤師がいないのか?

 

「生活者から信頼されてないんだなぁ」って思いました。

 

本当に悔しい思いをしたのを今でも覚えています。

 

 

時代はどんどん流れ、医療・薬事の環境も変化しています。

 

これから新しく生まれる医療関連業務もたくさんあると思います。

 

そういった新世代の医療に、薬剤師の存在価値を見出すには「テクニシャン制度の導入」は必須ではないでしょうか?

 

 

 

「急いでるから」

 

「なんでそんなこと言わなきゃいけないの」

 

「先生に言ったから」

 

 

”病院では言わない”患者のこれらの言葉は、現在の薬剤師業務が生んだ負の産物です。

<スポンサーリンク>

<スポンサーリンク>