薬剤師の働き方を徹底解剖!社員・パート・派遣 どれにしますか?

履歴書を書いている画像

本当に自分に合った「働き方」「会社」は自分自身が決めなければなりません。社員で働きたくても条件が合わないなどということは良くあることです。

 

まずは多くの選択肢のある「就職」について、雇用形態の選択をしてみましょう。

 

雇用形態については皆さんのライフワークとなるものですので、自分の生活にあった働き方をしたいですね。以前と違って働き方も多様性がありますので、是非ここで研究してもらえればと思います。

 

どのように転職活動をするのかについては「自分で転職活動をして自分で決める」方法と「人材紹介会社を利用して決める」方法との2者択一です。それぞれ良い点悪い点がありますので、それらを考慮して転職活動方法を決定してくださいね!

- 目次 -

※下記ページ内記事の見出しをクリックすると文の先頭にジャンプします。 

1.働き方を決める

 1-1 転職活動の会社選択方法を決める

2.当ページに関連するページ

<スポンサーリンク>

働き方を決める

サラリーマンが電話をかけている画像

【正社員・正職員】

働くだけの時間がある方はやっぱり正社員ですね。給与・福利厚生等、会社における最大限の待遇になりますので、ライフワークを支えるための選択なら正社員です。薬局・ドラッグストア共に薬剤師の転職マーケットは超売り手市場となっています。

社員での働き方を研究

契約社員の女性がガッツポーズをしている画像

【契約社員・委託社員】

「時間帯」「休日」「通勤」には制限があるけれども週40時間働ける方は契約社員がお薦めです。薬局ドラッグは融通のきく会社が多いので、求職者の希望が通る可能性が非常に高いです。

社員での働き方を研究


パートの主婦が子供を抱っこしている画像

【パート】

家事・子育て・介護などの理由で、週労働時間を短くせざるを得ない方は、パートでの就業が第一選択になると思います。その中でも自分の希望している条件にあった店舗を探すのは大切です。ライフワークにマッチした店舗を探しましょう。

パートでの働き方を研究

派遣スタッフが営業と打ち合わせをしている画像

【派遣】

今、大変人気のある働き方になっています。高収入で高福利厚生も得られる、薬剤師ならではの働き方かもしれません。今まで派遣での働き方に興味のなかった方も、選択肢の一つとして考えてみてはいかがでしょうか。

派遣での働き方を研究

目次に戻る


転職活動の会社選択方法を決める

転職活動を頑張る女性の画像

【企業への直接応募】

一般的な転職といえばこの方法かと思います。「この会社に入りたい」や「この店舗に勤めたい」と、志望が決まっている方は直接応募がいいでしょう。

 

1.企業ホームページ・求人ページにアクセス

2.求人情報を確認

3.求人受付窓口へ連絡、応募受付

4.選考

5.合否連絡

6.入社

 

人材紹介を利用することでカウンセリングからスタートという無駄な時間が発生してしまいます。また、「知り合いが勤めている」という場合も直接応募にメリットがある場合が多いです。多くの会社で「社内紹介制度」がありますので、知人の方に聞いてみてはいかがでしょうか?

企業研究の方法はこちら

人材紹介会社のコンサルタントの画像

【人材紹介を通じて】

「自分に合った会社に行きたい」「条件のいい会社に行きたい」など、ターゲットが決まっていない場合の「失敗しない就職」には必須のサービスです。

 

1.人材紹介会社へエントリー

2.コンサルタントと面談

3.求人紹介

4.選考

5.合否連絡

6.入社

 

業界に精通したコンサルタントが「あなたの知らない情報」をたくさん知っているのが最大のメリットです。世の中には本当にたくさんの調剤薬局・ドラッグストアがありますので、多くの選択肢の中から一番自分にあった転職先を選んでみてはいかがでしょうか?

人材紹介を利用した転職はこちら

目次に戻る


<スポンサーリンク>

当ページに関連するページ