履歴書の書き方で書類選考の対策!

履歴書の画像

薬剤師であっても履歴書で書類選考に落ちてしまうことがある事を知っていますか?

 

必要な情報が抜けていたり、薬局がネガティブに受け取ってしまうことが書いてあったりと履歴書の書き方で不合格ということもあります。

 

逆に言えば、未経験であったりブランクの長い薬剤師でも履歴書の書き方次第ではプラスの要素になります。

 

今まで1万人以上の履歴書・職務経歴書の書類選考をしてきた元人事の薬剤師が「評価の高い履歴書」の書き方を薬剤師の皆さんに伝授します!

- 目次 -

※下記ページ内記事の見出しをクリックすると文の先頭にジャンプします。 

1.履歴書の書き方

<スポンサーリンク>

履歴書の書き方

履歴書というものは薬剤師の皆さんの最初のアピールとなります。「会いたい」と思ってもらえるかの大切なステップです。

 

履歴書のポイントは、「面接で確認したいこと」が記載してあることが大切です。

 

採用担当者が会って確認したいことが履歴書に記載してあれば、安心して次のステップに進ませることができます。

 

ということで結局履歴書は「第一回目の面接」というように捉えた方が良いですね。

 

たかが書類ですが、その書類で人柄も見てしまうというのが採用担当者のクセ(職業病です)ですので、自分をよりアピールできるような内容にしましょう。

 

まずは第一印象を良くするために、履歴書を記入する際の基本事項を以下にまとめます。

 

  1. 「JIS規格履歴書」というものがありますが、形式は関係ありません。自己アピールしやすいもの、自分の記載したい欄があるものを選びましょう(ネットのダウンロードで構いません)
  2. 用紙の大きさはA4のものを使用する
  3. 手書きの場合は修正テープの使用は禁止です。二重線に訂正印を使用します。
  4. 履歴書に貼付する写真は証明書写真専用のものを使う
  5. 空白が出来ないように、出来るだけ文字で埋める

 

この5点を守るだけで、履歴書の第一印象は非常に良くなります

 

次に、各項目ごとの履歴書の書き方をまとめます。

 

1.日付

 

写真の上にある日付欄は投函日を記入します。面接当日に持参する場合はその日を記入します。

 

2.名前

 

通常記入の2倍の大きさのフォントで記入しましょう。名前の記憶を刻んでもらいます。

 

3.郵便番号・住所・連絡先

 

郵便番号も漏らさずに記入します。住所は住民票と同じ記載がベストです。

 

入社すると住民票が通勤本拠地になりますので、現在住民票と異なる場所に住んでいる場合(通勤時の労災がおりません!)は住民票を速やかに移しましょう。

 

転居の予定が決まっている方は、現在住所を記入し、同じ欄に「〇月〇日〇〇へ転居予定」と記載します。連絡先は固定電話と常につながる電話を記入します。

 

4.学歴・職歴

 

学歴は中学と高校の卒業、大学の入学・卒業を記載すれば十分です。

 

職歴は従事したすべての「会社名・配属部門」を記載します。※パート勤務の職歴は大まかに記してください。例えば「〇〇年 〇〇調剤薬局にてパート勤務」「〇〇年 〇〇調剤薬局退社」と2行でまとめます。

 

派遣の場合は「△△会社において派遣社員として□□業務に従事(平成○年○月まで)」と記載します。最後に「現在に至る」記載、最終行に「以上(右寄せ)」と記入します。

 

配属店舗の詳細は別紙で「職務経歴書」を作成します。

 

5.自己PR

 

自己分析で大丈夫ですので、性格の部分で自己アピールをします。強みを記載して会社にどのような点で貢献できるか記載するのがベストです。

 

6.志望動機

 

会社が最も重要視している項目です。

 

なぜなら、「調剤薬局やドラッグストアは世の中にたくさんある中で、なぜ自社を選んだのか知りたいから」です。

 

調剤・OTCの仕事はどこの会社でも業務内容に大きな違いはありません。だからこそ、その会社を志望した動機を書かないといけないのです。

 

記載のポイントは「転職先が、その会社でなければならない理由」を考えて記載すれば大丈夫でしょう。経営理念に着目した転職理由を考えると納得感が高まります。

 

7.趣味・特技

 

面接での話の話題になります。読みもしない「読書」など書かずに、本来の趣味・を特技してください。

 

この記載で落とされることは100%有りませんので。

 

8.資格・免許

 

薬剤師免許の記載は当然ですが、どんな簡単なものでも結構です。せっかく持っているものは書いておきましょう。自動車免許や漢検、英検なんでも大丈夫です。

 

9.通勤時間

 

通常は自宅から本社までの時間を記載します。店舗を固定で受験する際はその通勤時間を記載します。

 

10.扶養・配偶者

 

対象となる人がいない場合でも「なし」と記載します。

 

11.本人希望記入欄

 

職種毎の応募の場合には「〇〇職を希望いたします」と記入します。

 

その他、配属店舗など入社時に限定される場合は希望を記入しますが、最後に「その他、すべて御社の規定に従います。」と〆てください。

目次に戻る

<スポンサーリンク>

<スポンサーリンク>