薬剤師でも短期退職は要注意!選考対策を十分に!

短期退職のリスクについて教えている男性薬剤師の画像

「転職失敗したー!」って良くある話です。どうすれば良いかといえば、辞めるのが一番。

 

短期退職で多少の不安があるかとは思いますが、ご自身の人生にとって、薬剤師のキャリアにとっても、結論は退職です。※30代位までですかね。

 

短期退職と聞くとネガティブに聞こえますが、現在の状況や考え方次第で「英断」にもなります。

 

採用側の捉え方はマイナスですが、面接で理由を聞けばプラスに働くこともあります(事実です)。

 

ということで、短期退職でお悩みの薬剤師の皆さん!悩んでいるよりも次に向かって進むために、ここで短期退職対策を行いましょう!

<スポンサーリンク>

「短期退職で転職する」とは?

まず短期退職をする上で欠かせないのは、損得勘定ですよね。もう皆さんもそれをして短期退職を決意されている方が多いと思いますが、おさらいのためにも再度考えてみてください。

  • 転職で理想の仕事に就ける可能性がある(現在の雇用条件や職場環境の不遇を回避できる)。
  • 転職しても現在と似たり寄ったりの会社となる可能性がある。
  • 転職したら今以上の不遇を強いられる可能性がある。

要するに、転職先の条件によって転職の是非が問われるわけです。

 

しかも短期退職ということは、ネガティブな一面も持っていますのでより慎重な判断をしてください。判断材料として下に要素を記載します。

目次に戻る

薬剤師の短期退職のメリット

メリットと言っても人それぞれですが、短期退職を考えなければならない状況の薬剤師にとってのメリットとして記載します。

  • 労働条件、職場環境、業務内容などの不遇を回避できる
  • キャリアチェンジができる
  • だらだらと現職で過ごさない為、時間を有効に使うことができる。

特に3番目に挙げた「時間の活用」という点では、非常に有効な転職となります。私の経験上では「1度辞めたいと思った人は必ず辞める。」という傾向にあるので、一時的な感情論での退職理由でない限りは短期退職であっても決意するべきだと思います。

目次に戻る

薬剤師の短期退職のデメリット

まず「短期」とはどれぐらいの就業期間を指すのかというと、おおよそは1年未満です。

 

ただ薬剤師の業務特性からいうと2年未満の就業では「短いな」ととらえられます。しかし、ここでいう短期退職は1年未満と考えていただければ大丈夫です。

 

短期退職のデメリットは、世間一般的に言われていることが薬剤師においても当てはまります。しかもこのデメリットは短期退職の数が増えるごとに重くなってきますので注意が必要です。

  • 採用時の面接が不利になる
  • 待遇決定が「前職考慮」となる場合が多いため、採用条件が不利になる
  • 精神的、体力的な負荷がかかる

といった所です。短期退職1回目であれば何ら問題のないところだと思います。しかも、入社してしまえば何も問題ありませんので、「入社まで」が大変なところです。

目次に戻る

採用担当者は短期退職をどう評価するのか

採用担当者や面接官が短期退職者に対して確認したい事項は以下の点です。

  • 職務能力が低く、業務についていけないのではないか。
  • 良い人間関係の構築が出来ずに、会社になじめないのではないか。
  • 自分のやりたい仕事の方向性が定まらずに、またすぐに辞めてしまうのではないか。

これらの項目は「偏見」ではなく、「実際にあったこと」で積み上げられた面接ノウハウになります。決してあなたがこうだ!と決めつけているわけではありませんので、この点はご理解を下さい。

目次に戻る

短期退職の対策

上に記載した「メリット・デメリット・評価」を見ていただいて、短期退職の転職がおぼろげながらも理解していただけたかと思います。

 

特に2回目以上の短期退職者の場合は、採用側のイメージがかなりネガティブになりますので、転職サイト(人材紹介会社)の利用をお勧めします。

 

人材紹介会社は勝算のある転職先を沢山知っていますので、会社選びもスムーズです。

 

さて短期退職の対策ですが、通常の面接対策や履歴書対策に短期退職だからこその内容を追加していきます。それは「短期退職をする会社に入社した反省」、「ポジティブな退職理由」と「キャリアビジョン」です。

  • 短期退職は会社が悪いだけではなく、必ず自分の落ち度があります。「労働条件をしっかり確認していなかったことを反省しています。」など、たとえ会社に言われたことと実際が違ったとしても、それを事前に確認していなかった自分にも落ち度があるというように捉えましょう。会社批判は厳禁です!

 

  • なぜポジティブな退職理由が必要かというと、短期退職者の退職理由がネガティブだった場合、「またすぐに辞める」と判断されてしまうからです。「職務内容やキャリアにフォーカスした退職理由」が良いでしょう。しかし、無理やり作るのはおすすめしませんので、その場合は正直に退職理由を書きます。その際、「すぐにでも長く勤められる会社を探して、1日でも早くお世話になりたかった。その方が大きな迷惑をかけずに済む。」などと記入しておけば、「時間を効率的に使う人だ」「本当は長く働きたいんだ」といった評価につながります。

 

  • 採用側が特に気にすることが、「薬剤師業務があってないのでは?」ということです。薬剤師業務にやりがいが感じているか、というのは非常に重要な確認事項になります。将来はどんな薬剤師になりたいのか、そして(又は)、会社組織の中でどのようなポジションを担っていきたいのか明確にすることが大切です。

薬剤師の短期退職のネガティブなイメージは過去の経験に基づいているものです。「私は違いますよ。」ということをしっかりとアピールしてください。

目次に戻る

履歴書の画像

上に記載した「メリット・デメリット・評価」を見ていただいて、短期退職の転職がおぼろげながらも理解していただけたかと思います。

 

特に2回目以上の短期退職者の場合は、採用側のイメージがかなりネガティブになりますので、転職サイト(人材紹介会社)の利用をお勧めします。

 

人材紹介会社は勝算のある転職先を沢山知っていますので、会社選びもスムーズです。

 

さて短期退職の対策ですが、通常の面接対策や履歴書対策に短期退職だからこその内容を追加していきます。それは「短期退職をする会社に入社した反省」、「ポジティブな退職理由」と「キャリアビジョン」です。

  • 短期退職は会社が悪いだけではなく、必ず自分の落ち度があります。「労働条件をしっかり確認していなかったことを反省しています。」など、たとえ会社に言われたことと実際が違ったとしても、それを事前に確認していなかった自分にも落ち度があるというように捉えましょう。会社批判は厳禁です!

 

  • なぜポジティブな退職理由が必要かというと、短期退職者の退職理由がネガティブだった場合、「またすぐに辞める」と判断されてしまうからです。「職務内容やキャリアにフォーカスした退職理由」が良いでしょう。しかし、無理やり作るのはおすすめしませんので、その場合は正直に退職理由を書きます。その際、「すぐにでも長く勤められる会社を探して、1日でも早くお世話になりたかった。その方が大きな迷惑をかけずに済む。」などと記入しておけば、「時間を効率的に使う人だ」「本当は長く働きたいんだ」といった評価につながります。

 

  • 採用側が特に気にすることが、「薬剤師業務があってないのでは?」ということです。薬剤師業務にやりがいが感じているか、というのは非常に重要な確認事項になります。将来はどんな薬剤師になりたいのか、そして(又は)、会社組織の中でどのようなポジションを担っていきたいのか明確にすることが大切です。

薬剤師の短期退職のネガティブなイメージは過去の経験に基づいているものです。「私は違いますよ。」ということをしっかりとアピールしてください。

目次に戻る

<スポンサーリンク>

<スポンサーリンク>