薬剤師の退職方法と流れ

退職をしようとしている女性の画像

「上司に辞表をたたきつけてやったぜ!」なんて話を耳にしますが、なんだかんだお世話になった会社です。

 

ちょっと引いてしまいますよね。世間一般的な退職は、「道義を守る」というのが当たり前のことです。

 

薬剤師であってもそれは同じですよね。

 

道義というのは、お世話になった方々に感謝をするということです。そして、退職する理由が「いかなることであっても」周りのお世話になった方々に対して、不満を言わないこと。

 

結構感情的になって言ってしまうパターンが多いと思うのですが、その会社でこれからも頑張っていく方々のことを良く考えていただきたいと思います。

 

「自分には合わない会社」であったとしても、「自分に合っている会社」と思っている人もたくさん居るはずですので、自分本位の退職は自粛したほうが良いでしょう。では、その”道義”に沿った「退職の伝え方」を記載していきます。

- 目次 -

※下記ページ内記事の見出しをクリックすると文の先頭にジャンプします。 

1.退職で大切な事

 1-1 退職を伝える方法

 1-2 退職願いと退職届

 1-3 退職を伝える相手

 1-4 退職で何を伝えるのか

2.当ページに関連するページ

<スポンサーリンク>

退職で大切な事

これから退職をしようとしている薬剤師の皆さんには、しっかりと周りが見えていますでしょうか?一度冷静になって退職について考えてみると自ずとやらなければならないことが見えてきます。

 

これからのことを考えると、一番大切なのは「円満退社」です。

 

そのためには基本的なことを忘れないように行動することが一番です。それは「5W1H」 。「いつ(When)、どこで(Where)、だれが(Who)、なにを(What)、なぜ(Why)、どのように(How)」これを考えて行動すれば「円満退社」につながります。

 

下記にノウハウを記載しますので、是非、皆さん頑張ってください!

目次に戻る

退職を伝える方法

退職を伝えるといっても誰に、いつ、どこで、何を・・・といったように、様々なことを考えて行動しなければなりません。

 

まずは退職を伝える流れを見てみましょう。周りの方々への配慮をしながら退職を伝える流れです。

  1. 口頭で退職の思いを伝える
  2. 職場の皆さんに退職を理解してもらう
  3. 退職願いの提出
  4. 退職願いの受理(会社内の事務手続き)

おそらくは皆さんの職場にも退職のルールがあるかと思います。

 

「退職日の1か月前までに退職願いを提出」など定型的なルールです。しかし大切なのは、職場の皆さんに笑顔で見送られること。これが退職後の力強い味方になるのです。

 

ですから、まずは「自分の思いを伝える」そして「上司、同僚に退職を理解してもらう」。そして初めて「退職願いの提出」ができると考えてください。

 

そうすると、退職日1か月前に「上司に思いを伝えても、退職願いの提出は遅れてしまい」ますよね。

 

「先方が早く来て欲しい」というのも重々承知ですが、今までお世話になった方々への道義のほうが大切だと思います。何せ、自分が退職すると喜ぶのは「就職先」、迷惑をかけるのが「職場の皆さん」なんですから。

目次に戻る

退職届を提出する男性の画像

おそらくは皆さんの職場にも退職のルールがあるかと思います。

 

「退職日の1か月前までに退職願いを提出」など定型的なルールです。しかし大切なのは、職場の皆さんに笑顔で見送られること。これが退職後の力強い味方になるのです。

 

ですから、まずは「自分の思いを伝える」そして「上司、同僚に退職を理解してもらう」。そして初めて「退職願いの提出」ができると考えてください。

 

そうすると、退職日1か月前に「上司に思いを伝えても、退職願いの提出は遅れてしまい」ますよね。

 

「先方が早く来て欲しい」というのも重々承知ですが、今までお世話になった方々への道義のほうが大切だと思います。何せ、自分が退職すると喜ぶのは「就職先」、迷惑をかけるのが「職場の皆さん」なんですから。

目次に戻る

退職願いと退職届

「退職願い」と「退職届」

 

就業規則で規定されているものは、ほとんどの場合「退職願い」だと思います。

 

これは会社に伺いを立てるという意味だからです。「退職届」はいきなり提出すると”突きつけた”ととられてしまいます。

 

事前に上司その他の方とコンセンサスが取れている場合はどちらを提出しても問題ありません。ご注意を。

目次に戻る

退職を伝える相手

  1. 直属の上司に伝える
  2. 上司に聞いてもらえない場合は、その上司や人事担当者に相談する。

間違ってはいけないのが「誰に伝えるのか」です。

 

経験上、人事に直接退職を伝えてくる方は「入社まもなく、職場での人間関係が構築されていない」場合が多い気がします。

 

しかしながら、組織の中で働いているのであれば「直属の上司」に伝えるのが社会人としての常識です。人間関係というよりも組織のルールですので間違えないようにしてください。

 

ただ、退職を理解してもらえない場合は、そのまた上司や人事担当者等に”相談”してください。

目次に戻る

退職で何を伝えるのか

  1. ポジティブな理由を気持ちを込めて伝えましょう!

会社に伝えるのは「ポジティブ理由」が良いでしょう。なぜならば、「会社が退職を認め得ざるを得ない」理由だからです。

 

ポジティブ理由:今の会社にないもの、今の会社では実現できないことが理由

 

ネガティブ理由:今の会社が改善すれば「退職理由がなくなる」理由

 

そして何より大切なことは「円満退社」をするためには「ポジティブ理由」しかないのです。

 

ネガティブ理由とは”不満を言う”ということです。「この会社はダメだから辞めます」と辞めていこうとする人が(改善の努力もなく)無責任に発言すれば、当然、円満退社には程遠くなりますよね。

 

何せ、その「ダメなこと」は上司や人事担当者だって当然わかっていることですから。

目次に戻る

<スポンサーリンク>

<スポンサーリンク>


当ページに関連するページ