転職サイト登録前に【得する裏技】をチェック!

極秘ファイルの画像

もう登録する薬剤師転職サイトは決めましたか?

 

更には公開求人をチェックしましたでしょうか?

 

薬剤師転職サイト登録をすると、短期間に多くのことを決めなければなりませんので、転職サイトへの登録前に出来る限りの対策をしておいた方が良いと思います。

 

また、今現在転職サイトを使う予定のない薬剤師の皆さんにとっても、有用な転職サイトの利用方法がありますのでチェックしてみてください。

 

薬剤師転職が成功するための【得する裏技】をご紹介しますので、是非ご参考に!

- 目次 -

※下記ページ内記事の見出しをクリックすると文の先頭にジャンプします。 

1.薬剤師転職サイトの得する裏技

 1-1 転職サイトの利用方法(裏技バージョン)

 1-2 転職サイト選びは慎重に

<スポンサーリンク>

薬剤師転職サイトの得する裏技

薬剤師の皆さんは、転職サイトに登録するとコンサルタントが「自分に合った会社を紹介してくれる」と思っているはずですが、実はもう一つの使い方があります。

 

それは、自分が入りたい会社(薬局・ドラッグストア等)に応募するための「アドバイザー」としての利用方法です。

つまり、

入りたい薬局等が決まっている場合に、入社に導いてくれる

ということです。

 

  • 知人から薬局の内情は良く聞いている
  • 通勤を考えるとこの薬局しか考えられない
  • 第一希望の薬局に変わりないが、もう少し詳しい話を聞いてから応募したい
  • 採用されるとは思うが採用の待遇・条件が心配だ
  • この薬局以外には勤めたくないから、絶対に転職を成功させたい

 

など、勤めたい会社(薬局等)は決まっているけど、転職成功の可能性をより高めたいときに転職サイトを利用すればいいのです!

 

転職成功というのは、採用決定はさることながら、

待遇・条件面で希望通り(それに近い)入社が出来る

ということ。

 

せっかく転職サイト(人材紹介会社)という強い味方があるのですから、いろいろな使い方があってもいいですよね!

目次に戻る

転職サイトの利用方法(裏技バージョン)

1.転職サイト選び

 

人材紹介サービスを利用して自分が入社したい薬局等に応募するということは、事前に公開求人の中にその薬局等の求人があるのか無いのかをチェックしましょう。決まっていない場合は、 私がおすすめしている転職サイトの中から選べば安心だと思います。

 

2.応募する薬局等の候補決め

 

「絶対にこの会社」というように応募する会社を決めている場合には何もすることはありませんが、他に気になる薬局等があれば必ずチェックをしておきしましょう。

 

3.転職サイトへ登録

 

自分の希望する薬局等の求人が掲載されている転職サイトに登録します。

 

<ワンポイントアドバイス>

本来であれば3~4社の転職サイト登録をおすすめしていますが、裏技の場合はその転職サイトに求人があれば1社のエントリーでも構いません。目的は”希望の薬局等に入ること”です。

 

4.コンサルタントと面談(電話又は対面)

 

転職サイトのコンサルタントは、面談をしたうえで会社適性を図ってくれます。(本来であればその適性によってその薬剤師に合った会社を紹介してくれます。)

ですので、面談では自身が考えている希望や条件などを全て伝えたうえで「気になっている会社があります。」と伝えてください。面談は省略することはできません。

 

その際に、希望の薬局等に関する質問を全てしてしまいましょう。コンサルタントは様々な情報を持っていますのでどんな細かい質問でもしてみてください。

コンサルタントが分からない点は直接その会社に確認をしてくれます。

 

5.応募する薬局等の決定

 

本来は4社程度応募するのですが、ほぼ希望の会社が確定している場合は2社あればよいでしょう。気になる会社が無ければ1社でも大丈夫です。

 

なぜ複数の受験をおすすめするのかというと、実は採用する薬局側にとって、”併願”というのは非常に厄介なんです。

「他社にとられないようにしなきゃ!」という意識が働いて、条件面で少なからずの影響があります。

 

私の面接官としての経験では、併願があると「店舗は希望の店舗への配属」にしていました。

特に条件面での不安が無い場合であれば、単願で全く問題ありません。

 

6.面接

 

コンサルタントに「その薬局等の選考」について、アドバイスを貰いましょう。

薬キャリの場合はコンサルタントが面接に同行することがないので選考対策できませんが、リクナビ薬剤師・マイナビ薬剤師・ファルマスタッフでは、面接官の特徴・性格、質問の内容、雰囲気など把握していますので、選考アドバイスは心強いです。

 

7.待遇交渉

 

選考が終了し、合格になると入社条件が提示されます。

希望通りでなかった場合には、コンサルタントを通じて条件見直しの交渉をしてもらいましょう。

 

ただ、コンサルタントが事前に希望条件での採用をしてもらえるよう、根回しが出来ているはずですので多くの場合は問題のない条件提示になっているはずです。

目次に戻る

転職サイト選びは慎重に

このようにメリットの多い薬剤師転職サイトですが、登録先によっては「失敗した!」となりかねません。

 

今回については「希望の求人募集のある転職サイト」に限りますので、コンサルタントがハズレとなる可能性もあります。

もし、ハズレた!と思った場合には、丁重にお断りして別の転職サイトに登録する形が良いと思います。

 

このような状況を想定すると、最初の転職サイト選びが非常に大切だということになりますので、上記に記した”おすすめの転職サイト”から選ぶと失敗は少なくなるはずです。

目次に戻る

<スポンサーリンク>

<スポンサーリンク>