転職で人材紹介会社を利用するのが不安だという薬剤師に伝えたいこと。

人材紹介会社を利用するのが不安な薬剤師の画像

転職サイトにエントリーをして、人材紹介会社による転職を不安に思っている方のためのページです。人材紹介会社転職サイトについては、賛否両論あって薬剤師の皆さんも不安に思っていることかと思います。

 

しかし、薬剤師の転職は3分の2以上の方(実感としては9割方)が人材紹介会社を通じて転職を行っているということで、人材紹介が不安でなかなか手が伸びないという薬剤師の皆さんにも良し悪しを知っていただければと思っています。

 

個人的には”賛成派”です。 

 

ということで私の経験から人材紹介会社を通じての転職が良い理由をまとめてみます。

<スポンサーリンク>

薬剤師にとって人材紹介会社を利用した転職が良い理由

薬剤師が「ずっと続けられる自分に合った会社」を探そうと思ったときに、人材紹介会社を利用しない手は有りません。

 

本来であれば利用する薬剤師が有料サービスになるところを、全額採用する会社側が負担することによって成り立っている形態ですから、当然何かしらのメリットがあるということになります。

 

あとは皆さんもご存じ?の通り、デメリットも当然あります。

 

これらメリット・デメリットを知ったうえで人材紹介会社を利用すれば、リスクは回避されるものです。

目次に戻る

メリットを知ろう!

まずは、一般的な人材紹介サービスのメリットです。

 

店舗ごとの詳細な求人情報を知っているのは人材紹介会社のみ

 

求人サイトや自社の採用サイトなど、調剤薬局やドラッグストアの求人情報は掲載されていますが、日々変わる各店舗ごとの求人情報をすべて掲載されているわけではありません。

 

大半の会社はそういった店舗ごとの求人情報は人材紹介会社の担当者に伝えているだけです。採用サイトに店舗ごとの情報が載っていたとしても最新版でない場合がほとんどです。

 

入社時の待遇や入社後のキャリアアップなど、求人情報に掲載されていないことも人材紹介会社は把握している

 

大手の薬局やドラッグストアに過去何人もの薬剤師を紹介している人材紹介会社(大手が多い)は、採用担当者と綿密なやり取りや質問をすることによって、その会社の提示される年収も把握していますし、昇給額なども知っています。

 

さらには、キャリアアップの可能性やアップ後の想定年収までも会社に確認しています。

 

求人情報では確認できない会社の雰囲気、店舗の雰囲気も把握している

 

これも過去に取引のある人材紹介会社になりますが、求職者の店舗見学や本社での商談などを通じて会社の”雰囲気”までも知っています。

 

恥ずかしい話なんですが、昔、○○店に薬剤師を紹介してほしいと人材紹介の担当者にお願いしたところ「あの店舗は雰囲気悪いので、求職者におすすめできません。」と断られたことがあります。

 

面接官の性格や質問の内容等、選考の対策までも把握している

 

コンサルタントは求職者の面接に同行し、その会社の選考を経験しています。その回数が多ければ多いほど対策は万全になります。リアルな選考対策はコンサルタント以外には成しえないことです。

 

 

以上、薬剤師の皆さんが転職で人材紹介会社を利用したほうが良い理由です。とにかく、人材紹介会社のコンサルタントは薬剤師転職のプロだということが分かっていただけたかと思います。

目次に戻る

採用側から見た人材紹介会社の評価(体験談)

過去、私は薬剤師の採用に携わっていたわけですが、人材紹介会社からの薬剤師採用がおおよそ9割でした。費用が掛かるので紹介からの採用は「減らしたい」と思っていましたが、実際は減らすことが出来ませんでした。なぜならば、「直接応募の場合、書類選考で半分以上が不合格」という状況で、なかなか求める人物像を探し出すのが難しかったからです。

 

逆に言えば人材紹介会社が連れてくる薬剤師のマッチングは素晴らしいのもがありました。ほぼ選考で不採用になることは有りません。会社の「どういう薬剤師を採用したいか」というニーズを知ったうえで合致する薬剤師を紹介してくれるということは、薬剤師求職者にとっても「自分の希望に近い会社」というわけです。

 

こうして、なかなか文章で書き表せない求人像に対するニュアンス的なものをコンサルタントさんに伝えることで、ベストマッチな薬剤師を紹介してもらうことが出来たということです。

 

当然、入社した薬剤師も待遇だけでない”自分に合った会社”に入社できるため、離職率がグンと低くなります(これは経験上間違いありません)。

目次に戻る

<スポンサーリンク>

人材紹介会社のデメリットを克服しよう!

転職で100%の人が成功しているわけではありませんので、どうしても失敗の話は出てくるものです。

 

その中で、人材紹介での失敗談が多いのは”当然”のことですよね。

 

理由は2つ。

 

一つ目は、転職失敗の原因を自分にないと考えるから

 

二つ目は、ネットユーザーが人材紹介会社を利用するから

 

デメリットはあるにせよ、転職の失敗は間違いなく「自己応募」の方が確率は高くなります。

理由は「求人情報」の差です。

 

ですので、「人材紹介会社を利用すると、デメリットさえ克服すれば転職成功の可能性は高い」ということを知った上で、転職に臨んでいただければと思います。

目次に戻る

デメリットとその対策

せっかくの人材紹介サービスを利用して、満足いかない転職活動になってしまったら元も子もありません。現状を良く知ったうえで、それに対してどのように対応すればいいのか解説します。

 

1.電話攻撃がすごい!

 

これに関してはその通りだと思います。最初のエントリー時にファーストコンタクトが取れるまでは何度も電話がかかってくるはずです。

 

ただ、これは”コンサルタントの仕事”として考えると、皆さんが患者様に要件があって連絡が取れない時に何度も連絡をするのと同じです。「仕事で電話している」ことだと思って下さい。

 

そのあとは連絡手段についてメールなのか電話だったら何時頃なのか等、コンセンサスを取っておけば問題ありません。要は最初の電話ということです。

 

2.コンサルタントの力量

 

ベテランのコンサルタントさんであれば何ら問題なのですが、人材紹介会社とは言え会社ですので新米コンサルタントだって当然います。

 

「知ったかぶり」をする人であれば救いようがないですが、「知らない」ことは大目に見てあげてください。会社に持ち帰れば積み上げたノウハウがありますし、会社にもなければ自分で色々と調べてくれますので。

 

3.紹介する会社の偏り

 

良くある話ですが、「○○という人材紹介会社は△△という会社にばっかり紹介する」という現象です。実際には多々あることです。理由を説明します。

 

1.待遇の良い会社は少ないから

 

給料は高いほうが良いし、休みも多いほうが良い。その他の条件を照らし合わせても、高待遇で受け入れてくれる会社はそうそう多くないため、偏りが出てきます。

 

2.コンサルタントも人間だから

 

多くの情報を持つコンサルタントですが、マイナスの話も求職者等から良く聞いています。そのため、コンサルタントも薬剤師をマイナス面を多く持つ会社に紹介したくないですよね。結果として「良くない話を聞かない会社」に紹介するため偏りが出てしまいます。

 

3.紹介手数料が高い会社に紹介したいため

 

コンサルタントも給料をもらっている社員ですから、実績をあげるために紹介料の高いところへ薬剤師を紹介したくなります。でもこれは一部の会社で一部のコンサルタントに限った話です。実際にこのようなコンサルタントがいることだけは忘れないでおいて下さいね。

 

ということで対策です。特に紹介会社の偏りですが、

  • 気にそぐわない紹介は、断って下さい。
  • 複数(3社~4社を推奨)の人材紹介会社で並行して転職活動をしてください。

一つの会社の評価を別のコンサルタントに確認をすることで多くの視点での会社選びが出来るようになります。こうして、対策をすることで自分にとって最良の会社が見つかるはずです。

 

私がいろいろな人材紹介会社と取引をしてきて、信頼できる会社はネット上の転職サイト総合ランキング上位4社と同じです。

是非参考にしてください。

目次に戻る

<スポンサーリンク>