転職活動の前に心構えを知る

色々な説明書の画像

薬剤師の皆さんが本格的に転職活動をスタートするにあたって、まずは転職活動における心構えを確認しましょう。

 

転職活動は一般的に「自己都合」なわけですから、周りに及ぼす影響、そして自分への影響を知った上で思い切り活動していただきたいと思います。

 

私の経験上、「一度退職を申し入れた薬剤師は、結局退職する」というのがほとんどです。

 

人事部や直属の上司から説得され、どうにか退職を思いとどまって頑張ろうとしても、結局「退職理由」が無くならない限りは辞めたい気持ちは変わらないということです。

 

このような薬剤師は、思いとどまってから再度退職を申し入れるまでの時間を無駄に過ごしてしまっているということになります。

 

そして会社も「退職を引き止める」という労働を強いられたわけです。退職を申し入れた時点で周りに及ぼす影響が大きいのですから、退職を取り消す、再度退職を申し入れるという行動はいいわけがありません。

 

ですから、最初にこれだけは心得ておいてください。

 

「周囲に気を使いながら、自分勝手に転職活動をする」

 

これが、転職活動の基本です。 

- 目次 -

 

※下記ページ内記事の見出しをクリックすると文の先頭にジャンプします。 

1.強い意志を持って転職活動を!

2.転職活動の心構え

 1-1 転職活動で注意すること

 1-2 モチベーション高く実践へ!

<スポンサーリンク>

強い意志を持って転職活動を!

自分のためにも周りの人たちのためにも一度転職を決めたら、気持ちがフラフラしないように初志貫徹してください!

 

最終的には自分の人生です。

 

周りのお世話になった方々への申し訳ない思いや感謝の気持ちはたくさんあるでしょうが、フラフラと気持ちが変わることで自分にも周りにも迷惑がかかります

 

そのために転職活動を始める際には、正当な順序を守って進めて頂きたいと思います。

目次に戻る

転職活動の心構え

転職活動を始めるにあたって知っておいて欲しいのは、「転職に成功することもあれば転職失敗の時もある」ということです。

 

成功とは、自分も周りにいる人も皆が良かったと思えること。失敗とは逆のことです。

 

給料が下がっても良かったと思えることがありますし、給料が上がっても労働環境や人間関係などが原因で失敗したと思うこともあります。

 

転職は世の中の数ある調剤薬局・ドラッグストアの中から自分に最も合った会社を探す事であって、今の会社が嫌だから辞めることではありません。

 

辞めるのは簡単ですけど、良い会社に巡り合うのは難しいことなんです。

 

働きながら退職活動と就職活動を併せて行うには、非常にたくさんの時間とそれを実行する強い意志が必要になります

 

しかし、その良縁をつかみ取るためには、後悔のない転職活動をしていかなくてはなりません。様々な理由で転職を考えている薬剤師の皆さん!良い会社が見つかるように心から祈っています!

目次に戻る

転職活動で注意すること

最優先は薬剤師の皆さんのスムーズな転職ですが、周りで生活している・働いている・遠くで皆さんのことを見守ってくれている、全ての方々に対して迷惑をかけないということを是非守って頂きたいと思います。

 

これは、皆さんが転職した後にも同じようにお付き合いを求めているなら、至極当たり前のことだと思いますので。

 

例えば「嫁ブロック」という言葉でも話題になった通り、家族の皆さんはあなたの転職に対して不安を持っています。

 

不安を解消できない限りは転職をすべきではないですよね。「転職離婚」もありますし。

 

良くして頂いている店舗の同僚や上司の皆さんはどうでしょうか。良くして頂いているということはあなたに理解がありますので、「残念」とは言うでしょうがあなたの気持ちを汲んで「がんばれ」と言ってくれるはずです。

 

転職は個人の問題かもしれませんが、あなたを支えている多くの方々にとっても大きな問題になります。会社や組織の心配はいりませんので、周りの方々に対しての配慮だけは忘れないようにしてください。

目次に戻る

モチベーション高く実践へ!

以上のことをわきまえたうえで、皆さんの転職活動をスタートすれば、周りの皆さんはあなたの見方になってくれるはずです。

 

大変なこともあるでしょうが、希望に満ち溢れた転職活動になります。

 

ここからはあなた自身の希望に沿った会社が見つかるように、期待を持って頑張ってください!

目次に戻る

<スポンサーリンク>

<スポンサーリンク>