薬剤師の転職はこの流れで成功します!

このサイトをご覧になっている薬剤師の皆さんは色々な理由で転職を検討していることかと思います。初めての転職の方は特に不安な気持ちでいっぱいですよね。

 

薬剤師転職は表面的に見えない所だらけですので、不安な毎日を過ごしていることと思います。

 

まずは下の転職活動の流れを一通りお読みいただいて、転職活動の全体像を把握してみてください。

 

転職は様々なステップを乗り越えて初めて「成功」と言える一連の活動です。転職に失敗しないよう、一つ一つの問題をクリアしながら進めていきましょう!

<スポンサーリンク>

転職活動の流れ

まずは転職活動をする上での大まかな活動内容と流れを把握しましょう。

 

全体像を把握するだけで、なんとなく気持ちが楽になりますし、転職がうまくいくような気がしますよ!この大まかな流れに実践know-howを肉付けしていく形で転職活動を進めていきましょう!

目次に戻る

1.転職理由をもう一度考えよう!

『転職の意思の再確認を!』

 

まずは最初のステップです。転職にあたって、皆さんの意思の強さはいかがでしょうか?

 

「すぐにでも転職したい!」という方もいれば「悩んでます!」という方もいらっしゃるでしょう。

 

まずは、転職活動に入る前に、転職活動の心構えを知っていただけたらと思います。転職活動の成功に向けて、強い意志を持って臨んで下さいね。

 

そしてその意思決定は失敗した時のことも想定していますか?何をやるにしてもチャンスとリスクは同等にあるものです

 

ここで改めて皆さんの「辞めたい理由」「辞めたくない理由」を再度検討してみましょう。

 

感情的に辞めたい理由を並べるのは避けてくださいね。退職にはどんな方でも少なからず後ろ髪をひかれる思いを持っていることと思います。「転職理由を考える」を見てしっかりと論理的に退職について考えてみてください。

 

ポジティブな退職理由は新天地でも成功することが多いみたいですよ。

 

そして、必ずついてきてしまうものが”転職リスク”です。その時の感情だけで転職してしまったり、転職活動において企業研究が足りなかったりすると、取り返しのつかないことにもなりかねません。転職リスクはどのようなものがあるのか確認をしておきましょう!

目次に戻る

2.転職活動のスケジュールを決めよう!

「転職の意思が固まったら」

 

転職意思が固まったら、実際に転職活動に入ります。

転職活動を大きく分類すると

  • 退職活動
  • 就職活動

に分かれます。出口活動と入口活動ということですね。

 

それらを通して転職活動といいますので、どちらかが疎かになってはいけません。しっかりとスケジュール管理をしながら進めていただきたいと思います。

 

そしてスケジュールは皆さんの生活に合わせたものでないとうまくいきません。そうでなければ転職活動自体がストレスにつながってしまいますので。

 

どのように転職活動を行っていくのかは「転職活動スケジュールを決める」で実践を説明していますので、これを見て自身のスケジュールを立ててください。

目次に戻る

3.転職先を選ぼう!

「就職活動をスタート!」

 

皆さんがどのタイミングで次の会社を探し出すのかは分かりませんが、相応の理由がない限りは「退職してからスタート」なんてことはないようにしてくださいね!

 

現在の薬剤師の転職マーケットは超の付く売り手市場です。働くだけなら次の就職先を簡単に見つけることができます。

 

しかし、このような売り手市場の時代だからこそ「妥協せずに、自分に合った会社」を見つけていただきたいと思います。

 

転職ツールとしては「人材紹介会社」を利用している薬剤師が大半ですから、このサイトでは人材紹介会社を利用した転職活動をメインにご紹介していきます。

 

また、最近の傾向として「派遣」雇用の人気が爆発的に高まっていますので、派遣会社を通じた転職もご案内しています。

目次に戻る

4.円満退職をしよう!

「退職活動をスタート」

 

「退職意思を決定」したらどのようなプロセスで退職まで進めるのが良いのでしょうか?

 

目指すところは円満退社ですが、最低限「しっかりと辞められる」ことを目指して退職活動を行いましょう。

 

薬剤師の現場では、一人が居なくなると致命的な状況で薬局・店舗運営しているところが多いです。尋常ではないくらいの引き止めもあります。

 

しかし、薬剤師とはいえ一人の生活者ですから、一人一人の人生を大切にしていただきたいと思っています。退職するだけの理由があるのでしたら、確固たる強い意志を持って退職活動に臨んでくださいね!

 

なかなか経験の少ないことなので皆さんも何をすればいいのか分からないかと思います。良い退職の方法を確しておいて下さいね!

目次に戻る

5.転職先を決定しよう!

「転職先を決めるには」

 

調剤薬局やドラッグストアには多くの求人があり、選びたい放題です。選考合格率も非常に高く、入りたいと思えばかなりの高確率で入社することができます。

 

だからこそ会社研究を慎重にしていただきたいと思っています。

 

当サイトの薬局一覧だけでも516社、ドラッグストア一覧は116社。世の中にはより自分にあった会社があるはずです。転職サイトのコンサルタントさんを頼りながらも、最後は自分でしっかりと判断をしてください。

 

「石橋をたたいて渡る選考」

 

高確率で合格とはいっても、あくまでも確率です。面接や適性試験の予備知識は必要です。石橋をたたいて渡るつもりで、選考の対策をおこなってくださいね。

 

選考と一言でいっても企業により選考方法は様々です。

 

ただ、面接官が「薬剤師の何を知りたいのか」、「どのような選考基準なのか」など、採用担当者や面接官が知りたいことは同じです。元々採用の仕事をしていたということを活かし、出来る限り具体的に説明していきます!採用選考についてはこちらから!

目次に戻る

6.退職の手続きをしよう!

「退職の手続き」

 

退職日が決定したら、退職に向けて盛りだくさんの手続きや退職準備が待っています!

 

手続きが抜けていると退職後に「書類送付請求」など面倒なことになりますので、在職中に全て済ませるようにしましょう!

 

そして、お世話になった方々へのあいさつも忘れないでくださいね!

  • 担当業務の引継ぎ
  • 退職願い等の提出
  • 提出物と受取物
  • 保険関係手続き

これらの退職実務をこなしながら、次の入社準備をするのは非常に大変です。しっかりとスケジュールをたてて無駄のない地職活動をしましょう。提出書類や手逸出物については、退職の手続きと書類提出を参考にしてください。

目次に戻る

7.新しい生活のスタート!

「新天地への入社と心構え」

 

晴れて新しい生活が始まります!

転職が成功するもしないも新しい職場での行動しだいです。

 

新天地でのスタートに失敗すると「転職しなきゃよかった」「前の会社の方がよかった」となってしまいます。

 

転職の成功とは、「転職した会社で活き活きと働けること」だと思いますので、入社したからと言って気を抜かないでください。

 

再就職で気を付けることはこちらから!を参考に、新天地で定着するまで転職活動中であるということを忘れないでください。皆さんの充実した薬剤師人生を心から祈っています! 

目次に戻る

当ページに関連するページ

<スポンサーリンク>

<スポンサーリンク>