調剤薬局・ドラッグストアの勤務時間は?

ドラッグストア(OTC専門店)の店頭画像

調剤薬局・ドラッグストアの勤務時間の傾向・働き方について、最近の薬事に関する変化・流れに基づいて記載していきます。

 

まずは「都市部」の現状です。全般的に調剤薬局・ドラッグストアの両業界ともに「長時間営業化」しています。特に驚くのは24時間営業の薬局が増え始めていることです。

 

して、営業時間内の「シフト制」が一般的で残業も常態化しています。これからこの状況が地方に広がっていく可能性があります。

 

まず、薬局においては地域の病院・クリニックの開業時間が長くなれば自ずと開局時間を長くせざるを得ません。ドラッグストアに至っては、「地域住民の生活時間が長くなれば」長時間営業になります。ですから、都市部においては調剤薬局もドラッグストアもこの理由で長時間営業化しているということです。 

 

さらに、薬局薬剤師は在宅医療に関わったり、これから始まる「かかりつけ薬剤師」制度などを考慮すると、フレキシブルな働き方になると推測しています。よく耳にすると思いますが、患者様用の携帯電話を枕元において就寝するというのが、当たり前の時代がくるかもしれませんね。

- 目次 -

※下記ページ内記事の見出しをクリックすると文の先頭にジャンプします。 

1.薬局の勤務時間

2.ドラッグストアの勤務時間

<スポンサーリンク>

薬局の勤務時間

さて、勤務時間ということになると週労働40時間ということですので、また別の視点から説明していきます。

 

薬局の営業時間は9:00~18:00であったり9:00~19:00が平均かと思います。総合病院門前は18時閉局、クリニック門前やモールは19:00閉局が多いですね。

 

当然、医療機関の開院時間に合わせています。中には、20:00、21:00まで営業している薬局もありますし、大手チェーンでは24時間営業に取り組んでいる会社もあります。

 

そこで、薬剤師が勤務する時間は?となると、営業時間での勤務となりますので勤務する店舗に応じて変わってきます。家庭の事情などで働く時間の制限がある方は事前にチェックをして転職活動をした方がいいですね!

  1. 総合病院門前薬局=18:00までの薬局が多い
  2. クリニック門前薬局=19:00までの薬局が多い
  3. 面応需に取り組んでいる=長時間営業が多い

という形でしょう。2.3番は「シフト制」「変形労働時間制」での働き方になります。しかしながら、薬剤師人員が足りていない薬局は残業が前提の勤務になりますので、薬剤師人数のチェックは必要です。

 

また、ごくまれではありますが開局時間と営業時間を分けている薬局もあります。患者様を応対するのは17:00まで18:00までは薬歴記載とその他業務という形です。このような薬局が多くなると働きやすいですね。

目次に戻る

ドラッグストアの勤務時間

ドラッグストアの勤務時間は職種により、会社により違いがあります。

 

<OTC専任の場合>

薬剤師の皆さんは第1類医薬品をドラッグストアで購入したことはありますでしょうか?それに「薬剤師不在で買えなかった」という経験はいかがでしょう?

 

OTC薬剤師の勤務は登録販売者の登場により多きく変化してきました。

ドラッグストアの営業時間は長いながらも、薬剤師の充足率が100%義務でなくなったため、シフト制で働くようになっています。

 

昔のように通し勤務が毎日続くなんてことはありません。残業となった場合には残業代が支給されるのが現在では当たり前になっています(上場企業関連会社の場合は)。

 

都市部では朝は9:00開店、夜は21:00閉店が平均だと思います。郊外にいくと開店は10:00が多く、閉店も20:00の店舗が多くなります。その中での勤務と思ってください。※夜12時までの営業や24時間営業をベースとしているドラッグストアもあります。

 

<調剤専任の場合>

調剤専任ということは、店舗の近隣に医療機関があるはずです。その店舗は調剤薬局と同じように隣接する医療機関の開院時間によって薬局の閉局時間が決まります。多くはクリニックの門前またはモールタイプになりますので、19:00閉局が多いです。

 

<OTC調剤兼任の場合>

一人で両業務をおこなうということは、店舗の営業時間内の勤務になります。上記で説明したOTC薬剤師の働き方に近いです。しかしながら、薬局の薬剤師の充足率は100%が義務付けられていますので、労働時間は最も長くなります。

 

パートやアルバイトの薬剤師がいなければ、当然営業時間中は自分が責任もって処方箋応需にあたります。兼任店舗の特徴は処方箋応需枚数が少ないこと、イコール隣接する医療機関がないことです。面応需がメインになりますので、薬局の営業時間も長くなりがちです。この点は転職の際に絶対に忘れないようにしてください!

目次に戻る

<スポンサーリンク>

<スポンサーリンク>