薬剤師の薬局への転職は教育・研修で選ぶな!

研修勉強をしている薬剤師達の画像

薬剤師の勉強熱心なところは皆さん知っていますよね。というよりも勉強をするのが仕事といった方が良いでしょうか。

 

この勉強に対する熱い想いから、教育・研修で会社選びをしてしまう方がいます。未経験者であれば大切な福利厚生となりますので、導入研修は必要でしょう。しかし、キャリアのある薬剤師の皆さんは教育・研修で会社選びをしないでください。

 

企業内研修といえば様々な取り組みがあります。新入社員研修をはじめ、本社やエリア拠点での医薬品集合研修であったり、薬局内での勉強会、医療機関のカンファレンス、E-ラーニングなど様々の教育・研修があります。

 

この多彩な教育・研修は大手企業各社が行っていることと思います。皆さんは転職においてこのような教育・研修の動機づけはどれくらいお持ちでしょうか。未経験者にとっては上位の位置づけでもいいと思いますが、薬局のルーティン業務を一通り習得している経験者の皆さんに、「教育・研修」で会社選びをしてはいけない理由をお伝えします

- 目次 -

※下記ページ内記事の見出しをクリックすると文の先頭にジャンプします。 

1.教育・研修に求めるものって何?

 1-1 専門知識・実践スキルを身に付けるには

2.専門知識・実践スキルを身に付けるには

<スポンサーリンク>

教育・研修に求めるものって何?

現場薬剤師としてバリバリと活躍している薬剤師の皆さんにとって、教育・研修は当然必要なことです。

 

多くの方は新卒でもしくは中途で入社した会社において、「調剤の流れや服薬指導、SOAPの薬歴記入など」の導入研修を受けて今に至ると思います。最初に調剤の基本を学んで、その後は肉付けされるスキルや専門分野の勉強をしてきたことでしょう。

 

では現在、皆さんが更に身に付けたいスキルってどのようなものがありますか?

 

調剤の基本スキルを身に付けている薬剤師の皆さんが必要とするスキルは、もう専門分野のスキルしか残っていないはずです。新薬を含む医薬品の知識や処方せん解析、病理病態等の実践スキルです。

 

この習得すべきスキルを間違えてしまうと教育・研修に求めるものが変わってしまいますので覚えておいていただけたらと思います。※調剤報酬改定などの薬剤師の専門分野外の項目は除いています。

目次に戻る

専門知識・実践スキルを身に付けるには

専門知識や実践スキルを習得するための教育・研修とはどういった内容のものを指すのか考えてみてください。

 

月に1回、何十人もの薬剤師が集まって決められたテーマに沿って医薬品や疾患の勉強をする集合研修が良いのか、薬局が汎用医薬品の勉強会を定期的に開催していくのが良いのか。

 

答えは明確ですよね。

 

色々な薬局で、それぞれの主要応需科目の中で働いている薬剤師が学びたい内容はそれぞれ違いますので「専門知識の集合研修」というのは実は非効率的なんです。同じ薬局で同じスキルアップをしたい”同志”が共に勉強会をするのが最大のスキルアップにつながります。

 

ですから、会社の集合教育・研修は新米薬剤師に適用されるものと思った方がいいです。

皆さんは「会社がセミナーを開いてくれない」と不満を持っていませんか?

 

会社はこのようなセミナーを過去に一生懸命していたと思います。でも、薬剤師の参加満足度が上がらずに形だけのものになっているのではないでしょうか。そりゃそうです。忙しい薬剤師にこのような非効率な教育・研修に参加できるような時間はないですから。

 

結局は店舗ごとに医療機関のカンファレンスに参加したり、MRを呼んでセミナーしたり、というのが一番薬剤師の満足度が高いんですよね。

目次に戻る

教育・研修と会社選び

転職活動を行っている薬剤師の皆さんが、その薬局での教育・研修で確認しなければいけないポイントは以下の通りです。

  • 導入研修はしているか(会社の理念や方針を学ぶ場)
  • 店舗における薬剤師会などへの参加状況、その勉強会への出席は勤務扱いになるか(ならない会社がほとんどです。)
  • 会社主催の教育・研修にはどのようなものがあって、自分の参加はどの教育・研修か?

皆さんはびっくりするかもしれませんが、キャリアが3年以上もある薬剤師は、会社主催の月1回の勉強会なんて完全な無駄時間です。

 

その時間があったら薬局にMRを呼んで、メイン科目の医薬品を学んだ方がどれだけ為になるか・・・

ということで、転職活動の会社選びの中で教育・研修を重要視してはいけないことが分かっていただけたかと思います。医師と同様で薬剤師自身が自ら勉強しないといけないってことですね!

目次に戻る

<スポンサーリンク>

<スポンサーリンク>