ドラッグストア薬剤師が期待されていること

サプリメントのボトル

ドラッグストアにおける薬剤師の仕事には調剤の業務も包括していますが、ここではOTC業務についてのみを説明していきます。

実際にはOTC薬剤師の業務には「定義」というものが有りませんので、現場の実態に沿った形で進めていきたいと思います。

 

まず初めに、皆さんご存知の通りドラッグストアの薬剤師は一般用医薬品の販売を中心として雑貨や食品など多くの商品に携わります。「医薬品だけ売っていればいいよ」という会社もあるかもしれませんが、大半のドラッグストアではいち従業員として店舗運営やマネジメント業務も任されることが多いでしょう。

そこで数ある仕事内容を「店舗運営・マネジメント業務」と「薬剤師業務」に分けて解説していきます。

- 目次 -

※下記ページ内記事の見出しをクリックすると文の先頭にジャンプします。 

1.OTC薬剤師の店舗運営・マネジメント業務

2.ドラッグストアにおける薬剤師業務

 2-1 セルフメディケーションに取り組む

<スポンサーリンク>

OTC薬剤師の店舗運営・マネジメント業務

いわゆる販売に携わる業務内容です。薬剤師の中では「販売」を嫌う方が多いですよね。

 

しかし別の見方をすると、これらオペレーション・マネージメント業務は身に付けることで本社配属等のキャリアアップを目指すことも可能になります。

 

仕事に合う合わないは当然ある事ですが、調剤には調剤の、OTCにはOTCのやりがいがありますので、まずは業務の内容を見てみましょう。

 

今まで薬剤師業務しか経験のない方にとっては大きな衝撃があるかもしれませんが、リアルにドラッグストアの業務内容について説明していきます。

  • 店舗の運営・保全に関する業務として、「売上等の係数管理、店舗の開閉、清掃、設備維持・修繕」があります。店舗を運営するということは、自分の住まいを維持するというように考えれば分かりやすいですね。
  • 商品に関する業務として、「発注、納品、品出し、商品補充、前出し、売り場作り、商品メンテナンス、在庫管理、棚卸」があります。発注は自動化されている会社が増えています。納品とは発注した商品を荷受けすること、品出しは荷受けした商品を売り場に陳列することを指します。前出しとは顧客が商品を購入し、商品が無くなった陳列場所の後ろにある商品を前に出すことです。商品のボリューム感を維持します。その他、シーズン毎にプロモーションコーナーを作成したり、商品の在庫金額の管理などを行います。
  • 金銭に関する業務として、「レジ業務、入金などの金銭管理」があります。レジはほぼパソコンのようなものとイメージしておいてください。
  • 人に関する業務として、「パート等スタッフの指導・育成、シフト運用」です。シフトについては店長業務です。

〇〇管理というな項目は主に店長が行います。さまざまな業務がありますが、これらをその他店舗スタッフと共に行っていく感じです。パート・アルバイトを含めて1店舗当り10名~50名くらいが在籍していますので、雰囲気作りやモチベーションコントロールも大切になります。

目次に戻る

ドラッグストアにおける薬剤師業務

ドラッグストアの薬剤師の法で定められた業務は「一般用医薬品の情報提供および販売」です。

皆さんご承知のとおり、第1類医薬品の販売は薬剤師だけに許可されたものになります。

 

そして、PMS(市販後調査)は調剤同様、OTCでも行っていますので企業によっては業務となる場合があります。

「薬剤師しかできない」仕事はこれぐらいでしょうか・・・。

 

しかし、一般用医薬品販売の目的を考えてみると、法で規制された以上の職責を負っていることが分かります。

 

平成14年11月8日 一般用医薬品承認審査合理化等検討会 中間報告書「セルフメディケーションにおける一般用医薬品のあり方について」では、一般用医薬品を次のように定義しています。

「一般の人が薬剤師等から提供された適切な情報に基づき、自らの判断で購入しい、自らの責任で使用する医薬品であって、軽度な疾病に伴う症状の改善、生活習慣病等の疾病に伴う症状発現の予防、生活の質の改善・向上、健康状態の自己検査、健康の維持・増進、その他保健衛生を目的とするもの。」

目次に戻る

セルフメディケーションに取り組む

「一般用医薬品を販売する」ということは上記にあるような目的に対する情報提供を行うということですよね。

 

では「生活習慣病等の疾病に伴う~その他保健衛生を」という部分、現在の薬剤師でできる方ってどれくらいいるのでしょう?

 

政府が「セルフメディケーション」を医療財政逼迫から逃れるための国策として声をあげて以来、薬剤師にはこのような職務が加わったことを覚えておいていただけたらと思います。

 

ちなみに、この職務は調剤薬局にいてもドラッグストアにいても同じだと考えています。

目次に戻る

<スポンサーリンク>

<スポンサーリンク>