薬剤師ブログ

薬剤師の皆さん初めまして!ことだまこまちです。

元人事で主に採用・研修を担当していた薬剤師です。

 

現在は薬剤師の転職を支援する”薬剤師キャリア”の代表を務めながら、女性向け情報発信サイト”Woman Wellness Online”のアンバサダーとして活動しています。

 

過去、1000名弱の薬剤師採用に携わりながら会社経営についても学んできました。

薬剤師の職務・職責が守られ、薬剤師が大いに活躍できる世の中になれるよう祈りながらブログを綴っていきます!

※ブログカテゴリーは左上の■ボタンからです。

 

最新記事

コデインを12歳未満使用禁止へ

手の上の薬の画像

厚生労働省がついに平成31年をめどに「コデイン」の12歳未満への使用を禁止しました。

諸外国ではすでに12歳未満へのコデインの投与を禁止する動きとなっており、日本も世界標準にならった形となります。

 

効果としては非常に良好なコデインですが、「呼吸困難」などの副作用もまれに生じるということから「中枢性麻薬性鎮咳薬」の12歳未満への使用は好ましくないという判断となったわけですね。

 

もちろん総合感冒薬における「コデイン」の使用も禁止です。

では、今後どのような影響が出てくるのか考えてみます。

続きを読む

ドラッグストア戦国時代 マツキヨ売上3位へ後退

戦国時代の武士の画像

大混戦のドラッグストア業界ですが、先日ウエルシアホールディングスがマツモトキヨシホールディングスの売上を抜いたことが大きな話題になりましたね!

そして、2017年6月20日に開示されたツルハホールディングスの決算でもマツモトキヨシホールディングスの売上を抜いたことが明らかになり、戦国時代の乱世という状況がより明確になりました。

 

ここでは3社の業績を比較してみたいと思います。

続きを読む

新潟薬科大「長野薬学部」の設置断念の理由は?

新潟薬科大学長野薬学部キャンパスの完成予想図

新潟薬科大学の長野薬学部の新設については予てより賛否の論議がされていましたが、同大は「地元の理解、支援が得られなければ大学単独での設備投資は困難」と見通しを説明し、計画撤回を最終決定する見通しとなりました。

 

設置断念における大きな要因は「長野県薬剤師会」の反対です。

賛成派の「上田薬剤師会」や「信州大学医学部」と反対派の「長野県薬剤師会」との間で協議がされてきましたが、長野県は「検討の前提として県薬剤師会などの賛同が必要」としていたため、県からの財政支援が得られずに断念する事となりました。

続きを読む

テロ未然防止のために薬局でできること

warningの看板の画像

日本薬剤師会が江戸川区の警察署と「薬品などを利用したテロを未然に防止するための協定書」を結びました。

 

テロで使用される爆弾の製造に用いる薬品や劇物を大量に購入しようとする不審者がいた場合に、速やかに警視庁に情報提供をおこなう、といった内容です。

参考:テレ朝news

 

今回の協定書は日本薬剤師会と一部の警察署との協定書の締結となったわけですが、すべての薬局において実践できることと思いますので「爆弾の製造原料」について記載したいと思います。

続きを読む

偽造医薬品を流通させない!【対策案】

名前のない医薬品の瓶と錠剤の画像

ハーボニ―配合錠の偽造品が流通してしまった問題を受けて厚生労働省では「医療用医薬品の偽造品流通防止のための施策のあり方に関する検討会」が開催されています。

第1回 2017年3月29日

第2回 2017年4月21日

に開催され、第3回目の2017年5月18日に「偽造品流通防止に向けた論点の整理」について論議されました。

 

次回2017年6月8日の検討会で中間報告案が出される見込みですが、現在までに論議され可能性の高い方向性についてまとめてみたいと思います。

続きを読む

薬局は医療機関なのになぜ利益主義なの?

決算書の画像

薬剤師の皆さんは薬局の運営、経営を「利益主義」だと感じている人が多いのではないでしょうか。

 

現に利益を優先して薬局運営、経営をしている会社も存在するかと思います。

 

薬剤師として医療に向き合っている皆さんにとっては、薬局が利益を上げることに理解が出来ない方も多いと思いますが、医療機関と会社の存在意義から利益主義の薬局について考察していきたいと思います。

続きを読む 0 コメント

薬局見学会の謎を解く!

ガッツポーズをしている男性薬剤師の画像

薬学生の新卒の就職活動や薬剤師の転職活動でよく見かける、「薬局見学会」や「店舗見学会」って何やら不安や胡散臭さを感じる人が多いのではないでしょうか。

 

何のために薬局見学会や店舗見学会を開催しているのか?と言えば、いろいろと目的がありそうなことは感じているとは思いますが、会社側の本音を聞き出すことは難しいですよね。

 

ということで、過去に数千人もの薬局見学会、店舗見学会を開催してきた筆者が、皆さんの疑問を解消します!

続きを読む 0 コメント

世界初!嗜好用の大麻を薬局で販売開始!

大麻草の画像

近年、ドラッグ論争を巻き起こしている「大麻(マリファナ)」ですが、2017年7月、ウルグアイで完全合法にて嗜好用の大麻が薬局で販売されることになりそうです。

 

世界を見ると国や地域ごとに大麻(マリファナ)の扱いに関する合法ラインは異なりますが、国として嗜好品の販売を許されるのはウルグアイが世界初となります。

 

現在、嗜好品大麻の販売が合法な地域は、アメリカのコロラド州とワシントン州だけ。

国としてはスペインが大麻の嗜好品使用は合法ですが、自分で栽培したものだけとなっています。

続きを読む 0 コメント

<スポンサーリンク>

<スポンサーリンク>


当ページはブログに関するSEOの検証をおこなう観点でにほんブログ村および人気ブログランキング、薬剤師ブログタイムズのバナーを掲載しております。

ブログランキング・にほんブログ村へ  薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票